症状に合わせて薬を変える|サプリの力でグラマラスボディに|豊胸サプリでお手軽バストアップ

サプリの力でグラマラスボディに|豊胸サプリでお手軽バストアップ

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

症状に合わせて薬を変える

栄養補助食品

身体を気血水で考える

更年期に現れる症状は、年齢や体質によって症状に違いがあります。漢方療法は、患者の様々な症状に合わせて処方する漢方薬を変えていきます。更年期のつらい症状が複数ある人にも何種類かの漢方薬を組み合わせて処方することで対応します。漢方は人の身体を、気・血・水の3つの要素から捉えるという独特な考え方があります。気は、人が生きていく上でのエネルギー源になるもので、自律神経との密接な関わりあり、更年期の症状でいえば、気のめぐりが悪いとイライラやのぼせ、動悸などが現れます。血は、文字通り血液のことで、血行が悪くなると、生理不順や頭痛、肩こりなどに対応します。水は、血液以外の身体の中の水分のことで、多汗、むくみ、冷えなどが対応する症状です。

1〜2週間で変化がある

更年期障害の様々な症状に対応できることから、漢方療法への関心は高く、ホルモン補充療法(HRT)に抵抗感のある人は漢方療法から治療を始めたり、HRTと併用したりするケースもあります。また乳癌や子宮体癌でHRTが使えない人にも漢方は有効な治療法と言えます。但し漢方薬も薬ですから身体に合わない場合があり、副作用もあります。副作用と症状を見ながら調整していくので、服用してから具合が悪いと感じたらすぐに主治医に相談しましょう。漢方薬が患者の症状にピッタリと合えば1〜2週間で変化が感じられますが、もし効果を実感できないなら、薬を変えてもらいましょう。このように臨機応変に対応できるのが漢方療法の良いところです。